視力が弱い場合のマリンレジャーの楽しみ方

慶良間と言えばダイビングと言う程、慶良間諸島ではダイビングを含めマリンレジャーが盛んです。
マリンレジャーを楽しむ事において、気になるのは視力が悪い場合、どうしたら良いのかと言う事だと思います。
せっかくの綺麗な慶良間の海でのマリンレジャーを楽しみたいのに、視力が問題となって思うように楽しめないのでは台無しになってしまいます。
こうした場合にはどうしたら良いのでしょうか。

視力が弱い方のマリンレジャーの楽しみ方

普段からコンタクトやメガネを使用している方は、海に入るときにはそれらを外す事になります。
特にダイビングをする場合には、ダイビング用のマスクを付けますので、メガネ等は付ける事が出来ません。
そう言った場合には、度付きのダイビング用のマスクを用意すると良いと思います。
ダイビング用のマスクには度付きの物と、ノーマルな物があり、左右の視力に合わせて度数を調整する事も可能な度付きのマスクもあるのです。
こうした度付きのマスクを用意する時には自己流で選ばずに、専門店で視力と相談しながら選ぶ事がお勧めで、水中の見え方と照らし合わせながら選ぶようにすると良いでしょう。
レンズ自体は、1枚1万円近くする高価な物がありますので、自己流で選んでしまってはせっかくのダイビングを楽しめない事もあるようです。
出来れば、眼科医の処方箋の指示通りのレンズを選ぶようにしたいものです。

視力が弱い方のマリンレジャーの楽しみ方のまとめ

視力が弱いからと言って、諦める事はありません。
水中では物が大きく見える為、それを考慮をした度数の入った水中用のマスクを準備すれば良いのです。
そうする事で、快適なマリンレジャーを楽しむ事が出来るようになるでしょう。

関連する記事